再生スキンケア

エクソソーム(細胞外小胞)は若々しい美肌を作る鍵です

エクソソームは私たちの約40兆から60兆個にも及ぶ細胞の健康を支えるための 重要な役割を果たしています。

例えば、受精です。実は、卵子は膜の表面に エクソソームを分泌しています。本来、エクソソームは膜の老化を防ぐための 役割があるのですが、これが、精子が卵子の中へ入っていくときの鍵のような働きを しています。

実験では、卵子の表面にエクソソームがない卵子の場合、精子は中へ 入ることが出来ず、受精することができません。将来、不妊治療などへの応用が 期待されています。さらに肌の老化と関連性も解明されており、肌の細胞同士が 線維芽細胞とともに、エクソソームの情報伝達を行っていることも明らかになっています。 肌を構成するケラチノサイト細胞は紫外線をあびるとエクソソームを分泌します。 すると、もう一つの細胞メラノサイトが、受け取り、今度は、メラニンという物質を 分泌します。このメラニンが紫外線から、肌を守って、いるのですが、その反面、 シミやソバカスの原因にもなっています。

そこで、このメカニズムをもとにした スキンケアの開発が進んでいます。エクソソームは、美肌や若々しさの源である、 細胞の健康を支えるための重要な鍵を握っています。それ故に、近い将来、大きな脚光を あびることが、期待されている素晴らしい物質だと言えます。

関連記事